2007年10月04日

特定健診とは

特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査である。 実施の目的は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を対象に生活指導を行い、生活習慣病を予防をする事です。その背景には、生活習慣病の中でも、糖尿病、高血圧症、高脂血症等が肥満と密接な関係にあることを掲げている。 平成16年の国民健康・栄養調査では、メタボリックシンドロームに該当する比率は、40歳以上の男性では50%にも達している。女性でもその数は25%以上と推測されている。 特定健診の対象者は、実施年度中に40歳〜74歳になる者で、健康保険に加入している人が対象となる。(妊婦と厚生労働大臣が定める一部のものを除く)

特定健診・保健指導について 平成20年4月から医療保険者(国保・被用者保険)において、40歳以上の被保険者・被扶養者を対象とする、内臓脂肪型肥満に着目した健診及び保健指導の事業実施が義務づけられます。 標準的な健診・保健指導プログラムの策定 医療保険者が効果的・効率的な健診・保健指導を実施するために、標準的な健診・保健指導プログラム、健診・保健指導データの管理方策、健診・保健指導の委託基準等の在り方などをまとめ、平成19年4月に確定版を公表しました。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 09:46 | 健康(女性・国民健康保険・食品)

2007年10月03日

石綿にさらされる作業に従事していたのでは?」と心配されている方

石綿にさらされる作業に従事していた方については、将来、肺がん(原発性)や中皮腫等の健康被害が生じるおそれがあります。特に中皮腫については、石綿との因果関係が強く指摘されています。 また、これらの疾病については、石綿にさらされてから発症までの期間が非常に長く、肺がん(原発性)で15〜40年、中皮腫で20〜50年との特徴があります。 「石綿にさらされる作業に従事していたのでは?」、「作業で石綿製品を取り扱っていたのでは?」と心配されている方は、このホームページで作業の内容や取り扱っていた石綿製品を確認していただき、相談窓口でご相談されることをお勧めします。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 07:13 | 健康(女性・国民健康保険・食品)

2007年10月02日

神奈川県西部を震源とする地震の被害状況

  • 厚生労働省における対応
    ・10月1日(月)3時00分  厚生労働省災害情報連絡室設置
  • 厚生労働省関係の災害情報及び対応状況

  • 1)厚生労働省関係施設
    ○水道施設関係(10/1 9:00現在)
    ・神奈川県において断水被害を確認
    小田原市 断水戸数 214戸(復旧済み)
    ・総断水戸数 214戸(復旧済み)

posted by 厚生労働省 特定検診 at 13:08 | 健康(女性・国民健康保険・食品)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。