2007年11月03日

B型肝炎とは

Q2: B型肝炎とはどのようなものですか?
A2: B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。

 

肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。  B型肝炎には、急性B型肝炎と、慢性B型肝炎があります。急性B型肝炎は、成人が初めてB型肝炎ウイルスに感染して発病したものであり、慢性肝炎は、B型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)が発病したものです。慢性B型肝炎を放置すると、病気が進行して、肝硬変、肝がんへ進展する場合があるので、注意が必要です。  つまり、慢性B型肝炎、肝硬変、肝がんは、B型肝炎ウイルスに起因する一連の疾患であるといえます。  肝臓は予備能力が高く、慢性肝炎や肝硬変になっても自覚症状が出ないことが多いことから、「沈黙の臓器」と呼ばれています。このことを正しく認識し、B型肝炎ウイルスに感染していることがわかったら、症状がなくてもきちんと検査をして、病気を早く発見することが大切です。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 17:14 | 健康(女性・国民健康保険・食品)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。