2007年07月06日

雇用保険の不正受給と支給額

雇用保険の不正受給と支給額
スポンサードサーチ

不正受給 偽りその他不正の行為で基本手当等を受けたり、又は受けようとした場合には、以後これらの基本手当等を受けることができなくなるほか、その返還を命ぜられます。 更に、原則として、返還を命じた不正受給金額とは別に、直接不正の行為により支給を受けた額の2倍に相当する額以下の金額の納付を命ぜられることとなります。 (不正受給の例はこちらをご覧ください) ●支給額 雇用保険で受給できる1日当たりの金額を「基本手当日額」といいます。 この「基本手当日額」は原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除きます。)の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」といいます。)のおよそ50〜80%(60歳〜64歳については45〜80%)となっており、賃金の低い方ほど高い率となっています。 基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められており、現在は次のとおりとなっています。 (平成18年8月1日現在) 30歳未満 6,395円 30歳以上45歳未満 7,100円 45歳以上60歳未満 7,810円 60歳以上65歳未満 6,808円

posted by 厚生労働省 特定検診 at 11:23 | 雇用保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。