2007年07月06日

雇用保険の受給期間

雇用保険の受給期間
スポンサードサーチ

受給期間 雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間(所定給付日数330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日)ですが、その間に病気、けが、妊娠、出産、育児等の理由により引き続き30日以上働くことができなくなったときは、その働くことのできなくなった日数だけ、受給期間を延長することができます。 ただし、延長できる期間は最長で3年間となっています。 なお、所定給付日数330日及び360日の方の延長できる期間は、それぞれ最大限3年−30日及び3年−60日となります。 この措置を受けようとする場合には、上記の理由により引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日から起算して1ヶ月以内に住所又は居所を管轄するハローワークに届け出なければなりません。(代理人又は郵送でも結構です。) ※なお再就職手当受給後に倒産等により再離職した者については、一定期間受給期間が延長される場合があります。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 11:18 | 雇用保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。