2007年07月05日

雇用保険の基本手当て

雇用保険の基本手当てA
スポンサードサーチ

基本手当とは… 雇用保険の被保険者の方が、定年、倒産、自己都合等により離職し、失業中の生活を心配しないで、 新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。 雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日〜360日の間でそれぞれ決められます。 特に倒産・解雇等により再就職の準備をする時間的余裕なく離職を余儀なくされた受給資格者(特定受給資格者といいます。範囲についてはこちらをご覧ください。)については一般の離職者に比べ手厚い給付日数となる場合があります。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 06:04 | 雇用保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。