2007年07月17日

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ
スポンサードサーチ

新型インフルエンザとして、大正7年(1918年)に「スペインインフルエンザ」、昭和32年(1957年)に「アジアインフルエンザ」、昭和43年(1968年)に「香港インフルエンザ」、昭和52年(1977年)に「ソ連インフルエンザ」が流行しています。これらはいずれも世界的に流行し、多くの死亡者(たとえば、「スペインインフルエンザ」において、世界では約4,000万人、わが国では約39万人が死亡)を出しました。新型インフルエンザは、10年から40年の周期で流行するといわれています。  しかし、新型インフルエンザウイルスがいつ出現するのか、予測することはできません。 (注:これまで一般に、スペインかぜ、アジアかぜ、香港かぜ、ソ連かぜと表記してきたものについては、本資料では、それぞれ、スペインインフルエンザ、アジアインフルエンザ、香港インフルエンザ、ソ連インフルエンザと表記しています。)

posted by 厚生労働省 特定検診 at 04:42 | 健康(女性・国民健康保険・食品)

2007年07月16日

インフルエンザとは

インフルエンザとは
スポンサードサーチ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによっておこる病気です。ヒトだけでなく、他の動物もインフルエンザウイルスに感染します。通常、インフルエンザウイルスは、例えばヒトからヒトへといった同種の間で感染するものです。  しかし、インフルエンザウイルスの性質が変わる(変異する)ことによって、これまでに、ヒトに感染しなかったインフルエンザウイルスが、ヒトへ感染するようになり、そしてさらにはヒトからヒトへ感染するようになります。この変異したインフルエンザウイルスのことを新型インフルエンザウイルスといい、そのウイルスによって起こるインフルエンザを新型インフルエンザといいます。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 10:03 | 健康(女性・国民健康保険・食品)

2007年07月11日

医療費と施設数

医療報酬に関する医療費施設数について
スポンサードサーチ

医療費 a. 医科、歯科及び調剤については診療(調剤)報酬明細書に記録される点数を10倍して医療費として評価し、集計している。訪問看護療養については訪問看護療養費明細書に記録される費用額を集計している。 b. 入院時食事療養の費用額とは、入院の診療報酬明細書に記録される入院時食事療養の費用額を集計したものである。平成18年10月以降は、入院時生活療養の費用額を含む。入院時食事療養の費用額と入院時生活療養の費用額とを分類することはできない。 c. 入院医療費は、入院時食事療養及び入院時生活療養の費用額を含めた上で集計を行っている。 (1-4) 施設数 月ごとに、審査支払機関へ診療報酬の審査支払請求を行った医療機関の施設数を意味する。開設している医療機関であっても、その月に審査支払機関へ請求を行っていない医療機関については、施設数には反映されない。  例えば、職場内診療所などで保険者へ直接請求を行っており、審査支払機関への請求を行っていない医療機関の施設数は反映されないことになる。

posted by 厚生労働省 特定検診 at 08:35 | 医療保険

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。